Special Webinar

― いまさら聞けない ―

はじめての
産業用樹脂
3Dプリンティング

開催まであと

時間

今年から変える!3Dプリンティング活用

企業の規模を問わず、3Dプリンティング技術の業務利用はここ数年で大幅に増加しています。

試作品製作のリードタイムが1か月から1週間に短縮できた、治具の製作コストが10分の1にコストダウンできたなどさまざまな情報をShareLabでもお届けしてきました。

しかし、自社で活用する際に何からはじめればよいのか、予算はどの程度必要か、必要なスキルや考えられるリスクはなにか、など悩みは尽きません。

そこで、実際に数々の企業導入を成功させてきたトップベンダーを中心に、リアルな樹脂3Dプリンティング導入/活用を初心者向けに解説いたします。

こんな方におすすめ​

  • 3Dプリンター活用の社内事例はないが、自分の業務で使ってみたい

  • 樹脂3Dプリンティングの最新情報を知りたい

  • 3Dプリンターで一定の成果を上げているが、さらに活用できる範囲を広げたい

SPECIAL CONTENTS​

ShareLab特別企画

幅広く業務用3Dプリンターについてご紹介します。

TIME TABLE

2024年2月21日(水)11:00 – 17:30

  • 11:00 - 11:05
  • 特別企画

開会のご挨拶

衛藤 誓
ShareLab編集部
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 16:05 - 16:45

樹脂AM実製品活用のために必要なモノづくりのマインドチェンジ

一般社団法人日本AM協会

2012年に3Dプリンタ(AM)ブームが到来し10年以上が経過しました。しかし国内では、試作確認用形状コピーツールとしてのAM装置は多く活用されていますが、海外事例のような実製品でのAM活用事例を聞く事が殆どありません。10年以上にわたり展示会やセミナーでも興味を引き、ものづくり企業から注目されるAMですが、実製品で活用されない状況から脱却し、AMを実製品で活用するには、何が問題(障害)で何から始めぐべきか、それに必要な企業のマインドチェンジとは何かに触れてみます。

日本AM協会 澤越 俊幸氏
澤越 俊幸氏
一般社団法人日本AM協会
専務理事
  • 11:05 - 12:00
  • 特別企画

3Dプリンターが実現可能にするものづくりイノベーション

石川 雅也 氏
アズビル株式会社
技術開発本部 協働開発部 試作技術グループ
鈴木 弘樹 氏
キヤノン株式会社
光学機器事業本部 光学機器工場 阿見第一製造部 製造第五課
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 11:05 - 12:00

3Dプリンターが実現可能にするものづくりイノベーション

3Dプリンターの魅力は機動力と柔軟性で、その魅力を最大限に引き出すには発想力と行動力が必要になります。低コストなトライ&エラーを数多く経験できる時間的な有意性を得ることで、失敗できないというプレッシャーから解き放たれ、新たなイノベーションに繋がります。
前半部分では概念、後半部分では実際の治工具をお見せしながら
私たちの取り組みをお話をさせていただきます。

石川 雅也 氏
アズビル株式会社
技術開発本部 協働開発部 試作技術グループ
鈴木 弘樹 氏
キャノン株式会社
光学機器事業本部 光学機器工場 阿見第一製造部 製造第五課
  • 13:00 - 13:05
  • 特別企画

午後の部のご案内

衛藤 誓
ShareLab編集部
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 16:05 - 16:45

樹脂AM実製品活用のために必要なモノづくりのマインドチェンジ

一般社団法人日本AM協会

2012年に3Dプリンタ(AM)ブームが到来し10年以上が経過しました。しかし国内では、試作確認用形状コピーツールとしてのAM装置は多く活用されていますが、海外事例のような実製品でのAM活用事例を聞く事が殆どありません。10年以上にわたり展示会やセミナーでも興味を引き、ものづくり企業から注目されるAMですが、実製品で活用されない状況から脱却し、AMを実製品で活用するには、何が問題(障害)で何から始めぐべきか、それに必要な企業のマインドチェンジとは何かに触れてみます。

日本AM協会 澤越 俊幸氏
澤越 俊幸氏
一般社団法人日本AM協会
専務理事
  • 13:05 - 13:45
  • 特別企画

樹脂3Dプリンターのもつ特性と、適した製品を選択するための手引き

髙田 圭佑 氏
日本3Dプリンター株式会社
取締役
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 13:05 - 13:45

樹脂3Dプリンターのもつ特性と、適した製品を選択するための手引き

樹脂3Dプリンターは、メーカーズムーブメント以降のこの10年で様々な機器が登場し、徐々に成熟に向かっています。
樹脂3Dプリンターを今後導入しようと検討中の方、また、過去に導入した樹脂3Dプリンターを活用できていないと感じる方に向けて、”改めて樹脂3Dプリンターとはどんなものなのか?””どのような視点で評価し、活用すべきなのかを”、2013年の創業より3Dプリンター販売に取り組んできた我々の視点で解説いたします。

髙田 圭佑 氏
日本3Dプリンター株式会社
取締役
  • 13:50 - 14:30
  • 特別企画

未来を彩る、3Dプリンタ樹脂材料のご紹介 ~カーボンファイバーやフルカラー樹脂の魅力と多様な可能性~

Stratasys
Stratasys 竹内 翔一氏
竹内 翔一 氏
株式会社ストラタシス・ジャパン
シニアセールスアプリケーションエンジニア マネージャー
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 13:50 - 14:30

未来を彩る、3Dプリンタ樹脂材料のご紹介 ~カーボンファイバーやフルカラー樹脂の魅力と多様な可能性~

Stratasys

3Dプリンタで使用できる樹脂材料はここ数年で驚くべき進化を遂げています。カーボンファイバーをはじめ、フルカラー、医療用、航空宇宙などの厳しい要件を満たしたものなど、用途に応じた材料を使うことで、ロボットを軽量化や、今まで出来なかった形状の医療機器の製品化が実現しています。本ウェビナーでは樹脂材料について事例とともにご提案します。

Stratasys 竹内 翔一氏
竹内 翔一氏
株式会社ストラタシス・ジャパン
シニアセールスアプリケーションエンジニア マネージャー
  • 14:35 - 15:15
  • 特別企画

超高精度3Dプリンティング技術およびその量産プロジェクトへの最新応用展開

BMF Japan株式会社
田村 明男氏
BMF Japan株式会社
ビジネスマネジャー
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 14:35 - 15:15

超高精度3Dプリンティング技術およびその量産プロジェクトへの最新応用展開

BMF Japan株式会社

数センチメートルの全体サイズと数十ミクロンの微細構造を同時に兼ね備えたクロスディメンション部品の製造が可能になるBMFの超高精度3Dプリンティング技術「PµSL」及びその最終製品への最新応用展開を紹介します。

田村 明男氏
BMF Japan株式会社
ビジネスマネジャー
  • 15:20 - 16:00
  • 特別企画

Carbon社3Dプリンターによるエラストマーの造形事例と設計技術

中野 裕太 氏
株式会社3D Printing Corporation
セールス
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 15:20 - 16:00

Carbon社3Dプリンターによるエラストマーの造形事例と設計技術

3Dプリンティング技術(樹脂)が採用され始めてから、ここ数年特に注目が置かれているのは、TPUやTPEなどを含むゴムライク材料、軟素材を活用した造形です。中でも、ラティス構造といった、形状を微細に変化させることで、一つの素材から様々な触感を生み出す技術は、多くの企業が取り入れています。
講演では、ラティス構造を用いたゾーナルラティスの設計手法と、3DPCによる実際の造形事例をご紹介いたします。

中野 裕太 氏
株式会社3D Printing Corporation
セールス
  • 16:05 - 16:45
  • 特別企画

樹脂AM実製品活用のために必要なモノづくりのマインドチェンジ

一般社団法人日本AM協会
日本AM協会 澤越 俊幸氏
澤越 俊幸 氏
一般社団法人日本AM協会
専務理事
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 16:05 - 16:45

樹脂AM実製品活用のために必要なモノづくりのマインドチェンジ

一般社団法人日本AM協会

2012年に3Dプリンタ(AM)ブームが到来し10年以上が経過しました。しかし国内では、試作確認用形状コピーツールとしてのAM装置は多く活用されていますが、海外事例のような実製品でのAM活用事例を聞く事が殆どありません。10年以上にわたり展示会やセミナーでも興味を引き、ものづくり企業から注目されるAMですが、実製品で活用されない状況から脱却し、AMを実製品で活用するには、何が問題(障害)で何から始めぐべきか、それに必要な企業のマインドチェンジとは何かに触れてみます。

日本AM協会 澤越 俊幸氏
澤越 俊幸氏
一般社団法人日本AM協会
専務理事
  • 16:50 - 17:30
  • 特別企画

今こそ知っておきたい 樹脂3Dプリンターの選び方・買い方・使い方

丸紅情報システムズ株式会社
丸紅情報システムズ株式会社 丸岡 浩幸氏
丸岡 浩幸 氏
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 モデリング技術部アプリケーション推進課
シニアスペシャリスト
登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル登壇タイトル
  • 特別企画
  • 16:50 - 17:30

今こそ知っておきたい 樹脂3Dプリンターの選び方・買い方・使い方

丸紅情報システムズ株式会社

樹脂3Dプリンターは機種も材料も価格も幅広く、選び方と買い方と使い方を間違えれば残念な結果になってしまいます。本セミナーでは、Stratasys(ストラタシス)樹脂3Dプリンターの正規販売代理店として長年多くの販売とアフターサポートを行ってきた丸紅情報システムズ株式会社が、今こそ知っておきたい樹脂3Dプリンターの選び方・買い方・使い方、押さえておくべきポイント、よくある困りごとと解決策、そしてStratasys 3Dプリンター製品と材料の最新情報をお伝えします。

丸紅情報システムズ株式会社 丸岡 浩幸氏
丸岡 浩幸氏
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 モデリング技術部 アプリケーション推進課 シニアスペシャリスト

OVERVIEW

ウェビナー概要

タイトル

いまさら聞けない はじめての産業用樹脂3Dプリンティング

開催場所

オンライン(Zoom)
※開催前日までに、視聴用のURLをメールでお送りいたします。

参加費

無料

日程

2024年2月21日(水)11:00-17:30

定員

  1. 500名(最多同時視聴者数)

申込締切

2024年2月20日(火)18:00

申込方法

当サイトの申込フォームよりお申込みください

主催

イントリックス株式会社 ShareLab編集部

備考

  • 1回の申し込みにつき、1名様の受付となります。お手数ですが1名様ずつのご登録をお願いいたします。
  • 一部セミナーに限り、後日アーカイブ配信を予定しております。
  • キャンセルの際に、ご連絡頂く必要はございません。
  • 本サービスや本サービス用のアプリケーション等を利用したことにより、または利用できなかったことにより、お客様または第三者が被った損害について、当社は一切の責任を負いません。

【開催日】  2024年2月21日(水)11:00 – 17:30