0
造形材料 金属 / ステンレス系 / 工具鋼系 / ニッケル系 / チタン系 / アルミニウム系 / コバルトクロム系 / 銅系 / その他金属
造形サイズ 300mm~500mm角未満
価格帯 1億円以上
造形方式 粉末床溶融結合法(PBF)

造形サイズの”大型化”

LPM450はシリーズ最大の造形(造形容量従来比約5.8倍)が可能です。さらに当社独自技術の「SRT工法」と独自開発粉末材料「SVM」を使うことによって、大型造形が困難なダイカスト金型において、400x300x50mmの大型造形を実現しました。

クワッドレーザーと小型主軸搭載で ”造形速度UP”

デュアルレーザーの標準仕様化と最適気流構造により長時間安定造形が可能となり、平均的速度向上と高品質造形を両立しました。4つのレーザーユニットを持つ「クワッドレーザー(オプション)」により、従来比約4倍の造形速度を達成し、かつ標準仕様同等の品質と安定造形が可能です。さらに小型主軸搭載により基準面加工時間が大幅に短縮されました。

より簡単に多品種の金属を造形可能

MRS※を標準で1台搭載。材料交換は粉末毎のMRSを付け替えるだけで2時間以内に完了でき、複数の粉末による運用も機械1台の設備で対応可能です。
また、新たに開発した「Material Trial Unit A/B(オプション)」は、アタッチメントを取り付けるだけで様々な粉末材料の試験造形が可能。
短時間で材料交換ができるだけでなく、少量の材料で試験造形が可能です。
粉末材料の種類はMRSごと交換することで簡単に変更ができます。
多彩な金属を1台の機械でフレキシブルに造形可能となったことで、より幅広いものづくりのニーズに対応します。
(※MRSは粉末材料の供給・回収・ふるいを自動で行うことで、長時間連続自動運転を実現するシステムです。MRSの2セット以降はオプションです)

造形サンプル・活用事例

SVM ギガキャストの入れ子サンプル
3次元冷却配管を内蔵した金型入れ子により、金型寿命の向上・アルミ鋳造部品の生産性向上・コスト削減を実現します。

SVM 金型サンプル(400 x 300 x 50mm)
大面積造形も独自粉末の「SVM」と特許工法によって安定造形を実現します。

大型アルミハイブリット造形サンプル
位置決め機能によりハイブリット造形が可能です。造形時間とコスト削減、二次加工の工程簡略を実現します。

 

 

スペック

製品名 LPM450
造形方式 粉末床溶融結合法(PBF)
最大造形サイズ W:幅:450 mm
D:奥行:450 mm
H:高さ:450 mm
最小積層ピッチ 0.025 mm
造形材料 金属 / ステンレス系 / 工具鋼系 / ニッケル系 / チタン系 / アルミニウム系 / コバルトクロム系 / 銅系 / その他金属
価格 1億円以上
本体サイズ W:幅:2330 mm
D:奥行:2795 mm
H:高さ:2530 mm
本体重量 4,950
入力電圧 AC200V/220V±5% 50/60Hz±2%
特徴

LPM450と同じ造形方式・価格帯の3Dプリンター