3Dプリンター利用ガイド 3Dプリンターを活用したい方を徹底支援!

5. 3Dプリンター購入時に気をつけたいこと

購入をご検討の方へ

3Dプリンターの基礎知識はわかった。出力サービスやレンタルがあるのもわかった。しかしもう比較的小型のもので良いから、すぐにでも自社で購入してもっといろいろ試したいという方もいるでしょう。

今では3Dプリンターのニーズが高まるのを受け、複数のメーカーから様々なタイプの機種が数多く販売されるようになりました。その結果3Dプリンターの購入を検討する企業ユーザー側からは「選択肢が増えることは良いのだけど、どの機種を選んだらいいのかわからない」といった悩みも生じています。

その悩みを解決できるよう3Dプリンターを購入する際に気をつけたいこととして、大事なポイントを5つに絞ってみました。ぜひ参考にしてみてください。

5つのポイント

ポイント 1 どんなものを作り、どんな用途で使いたいのかを明確にする

3Dプリンターを購入する際、最初に行うべきことは、それを使ってどのような造形物を作りたいのか、そしてその造形物をどのような用途で使いたいのかを明確にすることです。例えば、作りたい造形物が最終製品などの細かい形状のものなのか、あるいは試作品や冶具などといった簡易な形状のものなのかを明らかにしておくことが重要です。

造形物によって製作に適する3Dプリンターが異なるため、3Dプリンターを使ってどのような造形物を作りたいのか、そしてその造形物をどのような用途で使いたいのかをしっかりと検討しておく必要があります。

なお、「3Dプリンターについて学ぶ」の「1. 3Dプリンターの基礎の基礎」では、どんな分野で3Dプリンターが利用されているのかを解説していますのでご参照下さい。

ポイント 2 造形物の製作に適した造形方式を選択する

3Dプリンターには複数の造形方式があります。そして、作りたい造形物によってそれに適した造形方式を選ぶことが肝心です。必要とするのは強度なのか精度なのか、あるいは出来上がりの見栄えなのかなどを明確にして適切な造形方式を選択することが重要です。

なお、「3Dプリンターについて学ぶ」の「2. 3Dプリンターの特徴を知る」の回で主な造形方式の特徴や長所、短所などを説明していますので役立ててください。

ポイント 3 造形物の製作に適した材料を選択する

3Dプリンターで造形物を製作する際、どんな材料を使うのかも重要なポイントとなります。材料によって柔軟性や耐久性、耐熱性などが異なるからです。

とはいえ、3Dプリンターの造形方式や機種によって使える材料が決まっています。本特集の「2. 3Dプリンターの特徴を知る」や、3Dプリンターメーカーなどが提供する情報を参考にして作りたい造形物に適した材料の物性を確認しておきましょう。

ポイント 4 価格やランニングコストを把握する

業務用の3Dプリンターの価格は1台数百万円から数千万円のものが主流であり、決して安い買い物ではありません。そのため、価格も3Dプリンター選びの重要なポイントです。例えば、精度にはこだわらず、考えているアイデアを検証する場合に必要な3Dプリンターと、細かな形状で大型の造形物を作る場合に必要な3Dプリンターとでは価格帯が異なるはずです。自社のニーズに合う3Dプリンターの価格帯を把握しておくことをお勧めします。

3Dプリンターの価格だけでなく、ランニングコストやメンテナンス費用も発生します。例えば、3Dプリンターを使えば材料を消費するので高価な材料を要する機種ほどランニングコストが掛かります。どの程度の運用でどのくらいのコストが掛かるのかを予め考えておきたいものです。

ポイント 5 メーカーのサポート体制を確認する

ほかの工作機械やIT機器などと同じように、3Dプリンターを購入する際もメーカーや販売店のサポート体制がどうなっているのかを確認しておくことが重要です。3Dプリンターにトラブルが生じた際、業務に与えるダメージを最小限に抑えるためにもしっかりとしたサポート体制を整えているメーカーや販売店を選びたいものです。

出力サービスの利用もおススメ

3Dプリンター購入時には、上記5つのポイントに気をつけて検討を進めてみてください。その上でやはり実際試す必要性を強く感じたとしら、出力サービスを利用してみるとよいでしょう。

複数の造形方式の3Dプリンターを用意している出力サービスならば、それらを実際に試すことができます。それによって自社のニーズに適した造形方式や機種をより高い確度で把握することができ、それらを中心とした3Dプリンターの検討が行えるようになるからです。

全国各所の3Dプリンターが利用できる施設を探したいという方は、こちらのページをご利用ください。

施設を探す

※「その他の検索条件を追加する」で3Dプリンターにチェックを入れると3Dプリンターを所有する施設だけに絞込むことができます。

ソフトウェアの確認も忘れずに

なお、ここまで主にハードウェアとしての3Dプリンター選びについて述べてきましたが、ソフトウェアの使い勝手も重要なポイントです。ただ、業務用の3Dプリンターの場合は各メーカーが開発している専用ソフトを使用するため、3Dプリンターをソフトウェアだけで検討するということはありません。しかし、ソフトウェアのおおよその使い方を知っておくと購入後の作業をスムーズに進められるので予め確認しておくことを勧めします。

3Dプリンターの利用やレンタル、出力依頼や製作の相談が可能な施設はこちら
3Dプリンター利用可能施設一覧