試験・分析手法を調べる

STUDY

粒子画像流速測定法

Particle Image Velocimetry

[使用機器]
高速度ビデオカメラ

分析の原理

流体に追従する粒子を流れ場に混入させて、シート状にしたレーザ光を照射します。その散乱光を高速カメラで時間的連続撮影された画像としてとらえ、計算機処理を経て、二次元あるいは三次元的に速度ベクトルを推定。流れ場における多点の瞬時速度を非接触で得て、構造情報を高精度に可視化する手法です。

手法の特長

  • 流動場の空間的な構造評価に優れる
  • 高時間分解能
  • 非接触で分析できる
  • 流体の流れを乱さない
  • 得られる結果は面的または空間的