試験・分析手法を調べる

STUDY

線膨張係数測定

Thermomechanical Analysis

[使用機器]
線膨張係数測定装置

分析の原理

標準試料と測定試料を同時に一定の速さで加熱していくと、熱膨張の現象が現れます。熱膨張には、物質の体積がかさむ体膨張・長さが増す線膨張があります。温度が1℃上がるごとに線膨張する長さのことを線膨張率といいます。

手法の特長

  • 比較的少量/小さい試料で測定可能
  • 線膨張率だけでなく、軟化温度・相変態温度・ガラス転移温度の評価もできる
  • JIS試験項目に準拠