試験・分析手法を調べる

STUDY

官能評価

Sensory Evaluation

[使用機器]
簡易嗅覚測定用器材など

分析の原理

人間の視覚・味覚・嗅覚などの感覚を通して、それぞれの手法に則した一定の条件下で評価します。食品の場合、パネリストの五感を利用して、食品がおいしそうに見えるか、実際においしいか、風味はどうか、食感はどうか、場合によっては、異なった味や臭いを感じないかなどを判定します。

手法の特長

  • 検体数は検査を実施する保存回数分(検査1回あたり100g以上)が必要
  • 人の感覚は測定機器よりも高感度のケースがある
  • 人はにおいや味の総合判断を得意とする
  • 明確な目標下での適切な試料調整が必要
  • パネリストに心理的・生理的影響のない環境を用意する