試験・分析について学ぶ

LEARN

におい識別装置による評価

Test with Fragrance & Flavor Analyzer

[使用機器]
におい識別装置

分析の原理

人間の官能評価と同じように、においの「質」と「強さ」を表現して評価を行います。におい識別装置を用いることで、中心サンプル臭を基準に、対象試料のにおいの強さや質が見える化(数値化)され、安定性・信頼性の高い客観的な結果を得られます。

手法の特長

  • においの質や強さ、持続性を客観的に示す
  • 商品間の香りの差違をチャートで可視化
  • 異臭混入の場合、原因の推定が容易
  • 客観的であり、パネラー個人差の影響を受けない
  • 官能試験に費やす人や時間とくらべ、費用対効果が大きい