試験・分析について学ぶ

LEARN

動的粘弾性試験 (DMA)

Dynamic Mechanical Analysis

[使用機器]
テンシプレッサー

分析の原理

時間によって変化(振動)する歪みまたは応力を対象試料に与え、それによって発生する応力波形と正弦歪みを測定することで、試料の力学的な特性を温度、時間または周波数の関数として導き出します。

手法の特長

  • 金属からゲル状まで幅広い材料に適応
  • 不定形/微小試料に適応
  • 測定温度領域が広い
  • 分子内の運動や構造変化に伴う現象を捉える
  • 粘度、引張、圧縮、曲げ、せん断、ねじりなどの変形を測定できる