試験・分析手法を調べる

STUDY

示差熱・熱重量同時測定法 (TG/DTA)

Thermo Gravimetry - Differential Thermal Analysis

[使用機器]
示差熱・熱重量同時測定装置

分析の原理

基準物質と対象試料を一定の速度で加熱しながら、試料の重量変化測定(TG)および試料と基準物質の温度差を測定する示差熱測定(DTA)を単一の装置で同時に行う手法。反応速度試験(活性化エネルギー算出)や促進劣化試験(劣化前後の熱物性比較)にも応用可能です。

手法の特長

  • 試料中の成分は微量でもよい
  • 物性評価に優れている(水分量測定や熱分解、酸化、耐熱性など)
  • 固体・液体・粉体(気体以外)の測定ができる
  • 高感度、低温/高温にかかわらず安定