試験・分析手法を調べる

STUDY

示差走査熱量分析法 (DSC)

Differential Scanning Calorimetry

[使用機器]
示差走査熱量計

分析の原理

基準物質と対象試料を一定の速度で加熱しながら、その物質と基準物質に対するエネルギー入力の差を温度の関数として測定する方法です。得られた熱流差によって、試料の吸発熱現象を検証できます。

手法の特長

  • 再現性が高い
  • 分離能・検出感度とも高い
  • 試料は微小粒子・少量でもよい
  • 極低温から高温までの広い温度範囲に対応