試験・分析手法を調べる

STUDY

高速液体クロマトグラフィー (HPLC)

High Performance Liquid Chromatography

[使用機器]
高速液体クロマトグラフ

分析の原理

複数の成分が混在している気体を個々に分離する、クロマトグラフィーの手法の一種。移動相に液体を用います。検出器に質量分析計を接続すると(LC/MS)、分離した各成分の質量情報が得られます。さらに質量分析計を直列に結合することで(LC/MS/MS)、詳細な構造情報の取得や高感度・高選択的な定量分析が可能になります。

手法の特長

  • 多成分を一斉分析できる
  • 微量成分にも適用できる
  • 対象試料領域が広い(ただし溶媒に溶解できる物質)
  • 分離能が高い
  • 分析にかかる時間を画期的に短縮