試験・分析手法を調べる

STUDY

ウェスタンブロット法(WB)

Western Blotting

[使用機器]
ブロッティングシステム

分析の原理

蛋白質試料中の抗原または抗体を電気泳動で分離後、疎水性膜(ニトロセルロース膜など)に転写(ブロッティング)させて抗原抗体反応を行い、酵素活性を利用した化学発光法あるいは発色法によって、目的とする特異抗体の蛋白質を検出する手法。

手法の特長

  • 定量分析の精度・検出感度が高い
  • 分離能が高い
  • 試料中の成分はごく微量でもよい
  • 抗体の検出だけでなく、状態を精査できる