試験・分析について学ぶ

LEARN

原子吸光分析法 (AAS)

Atomic Absorption Spectrometry

[使用機器]
原子吸光分光光度計

分析の原理

試料溶液を高温で熱分解して、目的の金属元素を原子蒸気にします。これに元素固有の波長の光を照射し、吸収スペクトルを測定することによって、溶液中の元素の同定・定量を行います。

手法の特長

  • 金属元素の微量な定量が可能
  • 資料形態に依存しない
  • 前処理が必要(固体試料は要溶液化)
  • 高い精度で判別が可能
  • 定性分析、多元素の同時分析には不向き