試験・分析について学ぶ

LEARN

安定同位体比質量分析法 (IRMS)

Isotope Ratio Mass Spectrometer

[使用機器]
安定同位体比質量分析装置

分析の原理

植物が光合成を行う際、生育地の環境により炭素の安定同位体比が変化します。また、水を取り込んで生育するため、酸素・水素の安定同位体比も地域ごとに変動しています。これらを判別要素とし、果汁/果実について、国内生産地の同定や異性化糖添加の判別が行われます。

手法の特長

  • 前処理が必要(試料を無機ガス化)
  • 試料中の元素は微量でもよい
  • 高い精度で判別が可能