試験・分析について学ぶ

LEARN

フーリエ変換赤外分光分析法 (FT-IR)

Fourier Transform Infrared Spectroscopy

[使用機器]
フーリエ変換赤外分光光度計

分析の原理

物質に赤外光を照射し、透過または反射した光を測定することで、試料の構造解析や定量を行う手法です。分子の振動や回転の状態を変化させるのに必要なエネルギーは、分子の化学構造ごとに異なるため、物質に吸収された赤外光を測定すれば、化学構造や状態を知ることができます。
赤外分光光度計はかつて分散型が主流でしたが、分散型に比べ波数精度が高く、一度に多波長スペクトルが測定できるなどの優れた点から、現在ではフーリエ変換方式が主流となっています。

手法の特長

  • 定性・定量分析に優れている
  • 短時間で分析できる
  • 非破壊で分析できる
  • 固体・液体・粉体(気体以外)の測定ができる
  • 微小領域の測定に適応