試験・分析について学ぶ

LEARN

X線CT観察法

X-ray and CT Inspection

[使用機器]
X線CT装置

分析の原理

X線を物質に入射すると、さまざまな要因により吸収されながら通過します。X線が透過する際の「透過しやすさ」「吸収されやすさ」の違いを利用し、CTスキャン装置で試料の材質や内部構造を調べます。さまざまな方向からX線で3次元撮影し、再構成処理することで、接触や破壊なく試験体の内部構造を高精度に可視化します。深層部の破損や欠陥・不具合の解析に有効です。

手法の特長

  • 金属やセラミックなど幅広い材料に対応
  • 小型電子部品からエンジンまで多様な試験体を測定可能
  • 対象試料を破壊しない
  • 内部構造を高精度に可視化
  • 短時間で分析できる