試験・分析について学ぶ

LEARN

ICP発光分光分析法 (ICP-AES)

Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectroscopy

[使用機器]
ICP発光分光分析装置

分析の原理

高周波誘導結合プラズマ(ICP)を光源とする発光分光分析法。試料を霧状にしてArプラズマに導入し、励起された元素が低いエネルギー準位に戻る際に放出される光を分光して、波長から定性、強度から定量を求めます。
固体試料の測定には溶液化を要します。通常、濃度を予め分かっている元素標準液から検量線を作成して、定量を行います。

手法の特長

  • 多元素を同時に分析できる
  • 検量線の直線範囲が広く、高感度
  • 化学干渉・イオン化干渉が少ない
  • 原子吸光法で測定が難しい元素も分析できる
  • 安定性がよい