事例を調べる

CASE

医薬品錠剤のコーティングによるにおいマスキングの評価

[分析手法]
電子嗅覚システムによる評価
[使用機器]
電子嗅覚システム

概要

医薬品の有効成分から発生するにおいは、患者の嫌悪や拒絶原因ともなり得て、服用されなくなってしまうこともあります。製剤設計者は、最良なにおいマスキングの方策を見つけることが求められます。

方法

マスキング効率を確認するために、コーティング量を変えた錠剤のにおいを電子嗅覚システムを使用し、分析。

結果

コーティング状態の異なる錠剤について、電子嗅覚システムで客観的な比較評価を行い、においの質と強さを数値で表しました。メーカー比較や製品改善、患者に受け入れられる医薬品の研究開発に活用できます。