事例を調べる

CASE

ポリ袋の品質試験(JIS準拠)

[分析手法]
引張試験
[使用機器]
引張試験機

概要

レジ袋・ごみ袋に代表される「ポリ袋(ポリエチレンフィルム製袋)」。単に破れにくく漏れなければよいわけではありません。流通しているものは、JISが定めた品質基準を満たしたものです。認証を得るために必要な試験項目は、伸び・衝撃・水漏れなど複数ありますが、以下、ヒートシール部分の強度試験について確認します。

方法

ポリ袋には、フィルムを袋状にするためのヒートシールがあります。この部分の剥がれにくさを調べるため、『JIS Z 1711 8.4 ヒートシール強さ試験』に基づき、次の手順で試験を行います。 [(1)試験片を幅15㎜の短冊状にカット → (2)試験片のヒートシール部が中央に来るように180°開き、その両端を引張試験機に取り付け → (3)500mm/minの速度で破断するまで荷重] このようにして、フィルムが引っ張られたときに耐えうる最大の力(破断強度)を求めました。

結果

JISに基づいた品質基準を満たすことができました。