事例を調べる

CASE

樹脂からの発生臭気の評価

[分析手法]
におい識別装置による評価
[使用機器]
におい識別装置

概要

さまざまな芳香剤が市場に出る一方、「いかに消臭するか」についても関心を集めています。室内や自動車内のにおいを気にする消費者が増えてきたため、関連メーカーは樹脂製品・素材から発生するにおい対策を講じなければならず、そのための評価手法が必要です。

方法

メーカーの異なる5社のポリウレタンスポンジに対してにおい識別装置を使用し、従来は困難だったにおいの評価を客観的に数値化。

結果

メーカー別・製品別に比較することで、においの質の改良、新製品の研究開発などに役立つデータが得られました。