事例を調べる

CASE

板ガラスの日射透過率測定(JIS準拠)

[分析手法]
紫外可視近赤外分光法 (UV-Vis-NIR)
[使用機器]
紫外・可視・近赤外分光光度計

概要

地球温暖化やヒートアイランド現象の対応策の一環で、建築用窓ガラスに近赤外光の透過を抑えて遮熱効果をもたせた機能性ガラスが使用されています。可視光から近赤外光まで含めた日射光の透過特性を表す指標として、JISは日射透過率を規定しているため、複数のガラスを紫外可視近赤外分光光度計で測定し、日射透過率ソフトウェアを用いて、規格に準拠しているかどうか評価する必要があります。

方法

紫外可視近赤外分光法により、 市販の板ガラス5種類(いずれも厚さ5mm)の透過測定を紫外・可視・近赤外分光光度計を用い、250nm~2500nmの範囲で実施。

結果

測定したガラスの内、透明ガラスは350nm以上の全波長領域で光をよく透過していますが、3種類の熱線吸収ガラスは透明ガラスよりも近赤外領域の透過率が低いことが判明。またこれらの透過スペクトルから日射透過率測定ソフトウェアを用いて日射透過率と可視光透過率の値を計算した結果、可視域と近赤外域の両方で相対的に透過率の低い熱線吸収ガラスが、最も小さい日射透過率値を示しました。これらの測定結果によりJIS規格をクリアすることができました。