事例を調べる

CASE

酸敗度の測定 (大豆油)

[分析手法]
示差熱・熱重量同時測定法 (TG/DTA)
[使用機器]
示差熱・熱重量同時測定装置

概要

油脂・脂肪性食品類を長期保存していると、徐々に味やにおい、色が変化して、栄養価の低下、毒性の発現が起こります。その原因である油脂の酸敗(酸化)について、酸価・過酸化物価を測定し、劣化の程度を調べます。

方法

示差熱・熱重量同時測定法 (TG/DTA)により、試料の温度を上げながら経時変化を観察し、酸価・過酸化物価を測定。

結果

温度を上げるにつれピークトップまでの時間が短くなったことから、保管日数の経過により油脂の安定性が損なわれ、より酸化しやすい状態になっていくことが推定できました。