事例を調べる

CASE

消費期限 (腐敗・劣化しやすい食品)

[分析手法]
微生物試験
官能評価
[使用機器]
ATP測定器、簡易嗅覚測定用器材など

概要

自社定番品の浅漬けをニーズに即して減塩改良しようとしています。消費期限は既存の商品と同程度(7日間)と推察しますが、その設定で安全かどうかを検証します。

方法

保存温度を「10℃恒温」とし、保存開始時・保存4日後・6日後・8日後の計4回にわたって、微生物試験 (ATP検査)で一般細菌数・大腸菌・腸炎ビブリオを測定。加えて、外観・色・風味について5段階による官能評価を実施。

結果

減塩改良した場合の安全性を確認することができました。