事例を調べる

CASE

ノロウイルスの検出

[分析手法]
リアルタイムPCR法 (RT-PCR)
[使用機器]
リアルタイムPCR装置

概要

秋から冬に流行するノロウイルス。カキなどが主な感染源と認識されていますが、非加熱であれば魚介類でなくとも原因食品となりえます。一般食品(二枚貝を除く)についても、速やかな検査を行います。

方法

2003年(平成15年)に厚生労働省が通知した「ノロウイルスの検出法」で主流のRT-PCR法によって解析し、感染部位におけるウイルス特有のDNAの量から病原体の量を測定。

結果

検査対象となった食品がどの程度病原体に冒されているのかという感染状況が明らかになりました。