事例を調べる

CASE

ゴルフ場の農薬分析

[分析手法]
液体クロマトグラフィー質量分析法 (LC/MS)
[使用機器]
液体クロマトグラフ質量分析計

概要

平成22年(2010年)環境省より「ゴルフ場で使用される農薬による水質汚濁の防止に係る暫定指導指針」の改正が通知されました。排水から河川、ひいては水道水の汚染につながることを懸念し、44農薬が液体クロマトグラフィー質量分析法(LC/MS/MS*)による一斉分析の対象となっています。
*LC/MSに質量分析計を直列に結合したものがLC/MS/MS。

方法

ゴルフ場から排出される水から試料を採取し、液体クロマトグラフィー質量分析法(LC/MS/MS*)により残留農薬の種別と濃度を測定。
*LC/MSに質量分析計を直列に結合したものがLC/MS/MS。

結果

農薬取締法に基づいて安全性評価がなされた登録農薬の適正使用、環境省の指針に則した使用量遵守がなされているか判明しました。また、各農薬の多成分同時分析データは、実際の指導や改善の指針となります。