事例を調べる

CASE

ミネラルウォーター中の金属を調べる

[分析手法]
ICP発光分光分析法 (ICP-AES)
[使用機器]
ICP発光分光分析装置

概要

日本の水道水は飲用として高い信頼性がありますが、味への不満や携帯の利便性から、市販のミネラルウォーターの需要が増加しています。しかし、含有成分については厳密に意識されていません。金属の一斉分析が可能な方法で、国産と輸入の主なミネラルウォーターと水道水を比較し、違いを示します。

方法

3種の試料(水道水・国産ミネラルウォーター・輸入ミネラルウォーター)をICP発光分光分析法(ICP-AES)で分析し、元素の有無を調べるとともに、一点検量線法によりその濃度を測定。

結果

市販ミネラルウォーター(国産および輸入)と水道水につき、主成分~少量成分までの30元素検出の有無とその濃度が判明したことで、それぞれの質の違いを客観的に確認することができました。