事例を調べる

CASE

ボトル缶の飲み口の形状を観察する

[分析手法]
レーザー顕微鏡による分析 (LSM)
[使用機器]
3D測定レーザー顕微鏡

概要

市販飲料のアルミボトル缶は、開閉しやすく、もれにくく、唇が触れる部分が快適であるよう、配慮された設計となっています。通常の対物レンズでの観察では焦点を合わせるのが難しい、入り組んだ形状ですが、容器を壊さずに観察を行えるでしょうか?

結果

複雑な形状の試料には、標準レンズよりも作動距離が長い対物レンズ(長作動対物レンズ)が有用です。試料とレンズが衝突しないように調整しながら、試料の奥まった部位なども観察が可能。容器を切断加工することなく、観察・計測することができました。