事例を調べる

CASE

大気浮遊粒子の分析

[分析手法]
全反射蛍光X線分析 (TXRF)
[使用機器]
全反射蛍光X線分析装置

概要

自動車から排出される窒素酸化物(NOx)による大気汚染が顕著な東京・名古屋・大阪などの大都市では、ディーゼル自動車に対する排出ガス規制を行い、二酸化窒素(NO2)や浮遊粒子状物質について大気環境基準を確保する法律があります。交通集中に起因する粒子状物質削減の意識を高めるため、首都圏の国道で測定を行います。

結果

測定局の道路周辺大気は、二酸化窒素および浮遊粒子状物質・微小粒子状物質に含まれる金属成分(カリウム、カルシウム、マンガン、鉄、亜鉛など)について、環境基準を達成しました。