3Dプリンター利用ガイド: 本格検討編

導入進行状況確認イメージ

導入前から導入後までの様々な気になるポイントを解説(第三回)

前回は導入業者やメーカーに対して聞くべきこと、伝えるべき事、契約時の注意点といった導入依頼時のポイントについて紹介した。メーカーや代理店に装置を発注して、いよいよ導入が始まるが、装置を設置して稼働させるには、事前に付帯設備の工事や諸手続きをしておかなければならない。今回は発注から設置、運用開始までどのような流れで進むのかを解説していく。

 

導入時までにやっておくべきこと

 

運用開始までのタイムスケジュール

3Dプリンターが実際に設置されるまでには様々な準備を行っておく必要がある。まずは設置場所を明確に決めておかなければならない。造形方式によってはかなり大規模な工事が発生する。材料押出堆積方式の3Dプリンターは、通常付帯設備が不要なので、装置を水平に置ける場所さえあれば特に問題はない。小型のものであれば、発注から1週間もしないで届き、自らで組み立てて設置も可能だ。装置の発する熱で周囲がかなり暑くなる場合があるので、空調等に注意が必要なときもある。

光造形方式インクジェット方式粉末焼結積層造形方式の場合は、様々な付帯設備が必要となるため、設置場所の広さや環境に制限があり、設置のための工事を行う必要もある。材料保管庫やリサイクル装置といった、本体以外の別の装置を設置する必要があるため、その分の広さも考慮に入れておかなければいけない。レーザーや粉末を使用し、強い臭気を発する場合もあるので、他とは別の遮蔽できる部屋であることが望ましい。大型の装置の場合は、設置する場所の床の強度についても考慮が必要だ。固定のためのアンカーボルトを打つ場合もあるので、そのような物を打ち込める床であるのか確認しておく必要がある。

次に、温度を一定に保つための空調設備の工事が必要となる。熱・窒素ガスや臭気を排気するためのダクトを設けることができない環境では、樹脂液や粉末を材料とする造形方式の装置の使用は難しい。特に、粉末焼結積層造形方式では、空調設備や排気ダクトの工事とともに、粉塵爆発を防止するための窒素ガスを充填する装置や、温度を管理するためのチラー装置、防爆対策された吸引器などを配置、接続する場合もあるため時間がかかる。また、光造形方式では、造形後に造形物の洗浄が必要なため、水設備の工事も必要となる。電気の容量変更や安全対策工事も必要だ。

粉末を扱う場合には、防火責任者を決めて、事前に所轄の消防署へ申請をして検査をうけなければならない。さらに、作業者の安全確保のため、労働環境に関する手続きも、労働基準監督署に対して行わなければならない。洗浄後の液を排水する場合、何が含まれているかを確認して保健所へ届け出を提出する必要もある。工事や諸手続きが終わらなければ装置の搬入ができず、搬入できたとしても稼働させることができない。どのような工事や手続きが必要であって、それにどのぐらいの時間がかかるのかを導入業者に早いうちから確認しておくのがよい。スケジュールを立てて計画的に処理していくことが必要だ。

実際に装置が設置されたあとは、装置が正しく動くかのテスト作業と、操作のトレーニングが行われる。まずテストモデルを使い、所定の造形レベルを満たしているか確認される。実際に造形を行おうとしているモデルがあるならば、それが希望するレベルで造形できるかベンチマークテストが繰り返される。問題がなければ検収となり、正式運用に向けてのテスト運用が開始される。設置から検収までは、おおよそ1、2ヶ月かかる。そこからのテスト運用も、最低でも1、2ヶ月の期間を設ける必要があり、その期間も導入スケジュールの中に入れておかなければならない。導入決定から正式運用までは1年から1年半ほどを考え、余裕を持ったスケジュールを立てるのがよい。

 
品質チェックイメージ

 

思わぬ事態に陥らないために必要な対応

このように、3Dプリンターの導入、設置では造形方式によって様々な工事、手続きが発生する。設置すれば使用できるという訳にはいかない場合が多い。特に、諸手続きについては忘れてしまうことも多く、慌ててあとから手続きを行おうとすることがある。年に数回のタイミングでしか受付を行っていないような場合もあるので、早いうちに日程を確認してスケジュールに組み込んでおくことが大切だ。手続きに不備があった場合は、次の受付のタイミングまで先延ばしになることもある。どのようなものが必要で、どのような内容の書類を用意しないといけないのかなど、導入業者や手続き先に詳しく聞いておくとよい。

工事においては、いざ始めてみると、電源をとることができない、ダクトを配置できない、排水施設が使えないなど、様々な問題がでてくる場合がある。付帯設備費や工事費用をあまり考慮しておらず、いざ工事がはじまったら予想外に費用がかかることがわかり、導入装置の変更や導入中止になる場合もある。購入機種検討時の社内での内部調整時から、それらの点を綿密に調べておくべきだ。さらに、導入業者との間で、どの範囲まで業者側で工事を行うのかという点を確認しておくとよい。業者側が行うかと思っていたら、その部分は含まれず、設置後に慌てて工事を追加することになる場合もある。必要設備、設置までに必要な工事と諸手続きなど、導入業者に細かく確認をとっておくことが大切だ。

導入から設置まで、綿密に調べ、スケジュールを含めてしっかり計画を行っておくことが、その後の運用においても影響してくる。正式運用前のテスト運用においても、ただ色々造形してテストを行うのではなく、計画的に行うのがよい。どのようなものを造形していきたいのか目的を明確にもつことが大切だ。そして、どのぐらいまでの造形ができるのか、造形後にどのような変化が起きるのかなど、装置の操作になれていき、装置の特性をよく理解していく。計画的なテスト運用で、効果的な正式運用が行えるようになる。導入した3Dプリンターがより大きな価値を生み出すように、明確な目的をもち、先まで考えた綿密な計画をたてることが重要だ。

 
3Dプリンター仕上がりチェックイメージ
 

まとめ

3Dプリンターの設置までには、思っている以上に工事や手続きが発生する。導入の際にはその点にも注意が必要だ。設置から正式に運用を開始するまでには、ある程度のテスト期間を設ける必要がある。正式運用開始までのスケジュールは余裕をもってたてるのがよい。それぞれの段階で必要なことの情報を事前に詳しく集めておくことで、導入での失敗を小さくできる。計画的な導入で3Dプリンターはより価値の高いものとなるだろう。

 

設置、運用開始前のポイント

  • 導入に必要な工事、諸手続きは事前に確認して計画的に処理していく。
  • 工事の際に混乱しないように、内部調整時に確認をしておく。
  • テスト運用の期間は十分にとる。
  • 導入スケジュールは工事、テスト運用の期間なども含めて余裕をもってつくる。

(取材協力:株式会社リコーリコージャパン株式会社